真性包茎・仮性包茎・カントン包茎

真性包茎・仮性包茎・カントン包茎

 

真性包茎・仮性包茎・カントン包茎

 

包茎にはいくつかの種類があり、程度によって手術をしたり治療をしたり考える必要があります。

 

まず、日本の男性の半数以上がこの状態だといわれる仮性包茎ですが、これは普段は亀頭が包皮に覆われているのですが勃起をした時には完全に亀頭が露出し、平常時も手で皮を剥こうとすれば容易に剥くことができる状態のことをいいます。
ひとことで仮性包茎と言ってもその程度は人によって異なってくるものであり、亀頭の半分程度皮を被っている人もあれば亀頭の先端しか露出をしていないという人もいます。
そして、平常時は完全に亀頭が包皮に隠されてしまっているという人もいるのですが、この仮性包茎のデメリットとしては見た目の問題が一番大きいものとなっています。
亀頭を完全に露出することは困難ではないので日頃からまめに洗っていれば、衛生面で問題が出るということはありません。
しかし、見た目の問題というのはどうすることもできず特に完全に隠れてしまっている人は、公衆浴場などにいった時に人目が気になったり、性交時に劣等感を覚えてしまうこともあります。
そのため、このような人たちはコンプレックスを改善するために手術を行うケースも有るのです。

 

次に真性包茎ですが、これは勃起をした時にも完全に亀頭が露出することはなく、無理やり手で剥こうとしても剥けない状態のものをさします。
これは包皮の中を綺麗に洗うことが困難であるため、見た目の問題だけでなく健康面での問題が起きやすいものとなっています。
包皮と亀頭が癒着することで、排尿障害を引き起こしてしまう恐れや性交時に皮が引っ張られ強い痛みを感じるというケースも有り手術が推奨されます。

 

カントン包茎は手で剥こうとすれば剥くことができるかわりに、皮が戻らなくなってしまう症状のことをさします。
そのため、皮に締め付けられ強い痛みを感じたり場合によっては締め付けられた部分が壊死してしまう恐れもあるのでこのような症状の包茎の人も手術をすることが勧められるものとなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ